ヤクルトファンのドラフト1位指名予想!過去の指名から見る野手指名の可能性

2019年10月17日は

2019年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD

が開催されますね!

今回はヤクルトファンの視点から東京ヤクルトのドラフト指名、1位候補を中心に予想していきます!

一巡目指名は投手で間違いないが、問題は外れ1位

今年セ・リーグぶっちぎり最下位だったヤクルトの弱点といえば

守備 投手 ですよね

守備と投手・・これに尽きると思います。それではこの2つの視点からドラフト予想をしていきましょう!

一巡目指名は佐々木朗希(大船渡)が本命か

今年のドラフトはBIG3と呼ばれる

奥川恭伸 (星稜)

佐々木朗希 (大船渡)

森下暢仁 (明大)

の3人に指名が集まると予想されていますよね。そしてヤクルトは巷では明治大学の森下投手の指名が予想されており

野球雑誌等のドラフト1位予想も森下投手が予想されていますが、これは予想に過ぎません。

高津新監督は即戦力投手がほしいと言っただけで明大の森下投手が欲しいとは名言していません

奥川投手・佐々木投手の指名可能性も全然ありえると思います。むしろこっちの可能性のほうが高いのかなと

ヤクルトは1巡目指名で投手を狙う場合、高校生に行く傾向が強いです。

そしてかなりのミーハー思考です。これは球団に客を呼べるエースのスターが欲しい親会社の意向なのかなと。

現楽天の松井投手・阪神の藤浪投手・MLBに行った菊池投手・最近では楽天の安楽投手・見事に単独指名に成功した寺島成輝もそうですね。

結論:ヤクルトは1巡目指名で高校生投手のスターを狙う傾向が強い

従って、現在噂されている森下投手の指名の可能性は低いのかなぁと個人的に思っています。

奥川投手か佐々木投手のどちらかで間違いないでしょう!

そしてこの両投手を比較するとヤクルトスカウトが熱心におっているのは佐々木投手です。

最近では佐々木投手との面談に12球団で一番はやく駆けつけた記事もありましたよね。

かなりの気合の入れようです。佐々木投手の指名が過去の傾向からみても濃厚なのではないかなと思います。

例外:西純也投手の一本釣り

この可能性も捨てきれません。最近では寺島投手を隠密ドラフトで華麗に一本釣りした年もありましたよね。

佐々木投手・奥川投手が抜きん出ているだけで、西選手は他の年では競合クラスの逸材です。

下手に競合覚悟で行くよりかは寺島投手を獲得した時のような綺麗な一本釣りを狙っている可能性もあります。

2015年に高山選手の指名を宣言し阪神との競合になったことが記憶にあたらしいですが、それ以前は隠密ドラフトは少なかった印象です。

当日まで指名名言をしない場合は西純也投手の一本釣りの可能性も少しはあるのかなと思います。

 

ドラフト1位野手の可能性を考える

まず、ドラフト会議の指名のセオリーとして、1位指名は「将来のエース、「チームのクリーンナップ」を担うような中心選手の獲得を目指していかなければなりません。

従って守備でご飯を食っていけるような選手がドラフト1位で指名されることは考えにくいです。

指名があるとすればクリーンナップを担えるような強打者がドラフト1位の候補になり得るのですが

現在の東京ヤクルトの得点力はリーグ屈指であり、村上、廣岡、濱田、等の将来のクリーンナップを担うような選手が頭角を表しつつあります。

従って今年のドラフトでは打撃力の高い選手を取る必要性は余り感じられません

打撃力がウリで将来のクリーンナップを任せることのできそうな選手といえば・・・

 

等が上げられますが、

今年のヤクルトの補強ポイントからは外れています。

従って野手の上位指名の可能性は低いのかなと思います。

今年のドラフト1位は投手でほぼ間違いないでしょう!

本当に野手の上位指名は無いのか?

1位指名は高津新監督の意向もあり、即戦力の投手を指名していくと思いますが

抽選に外れてしまい、狙っていた即戦力投手が残っていない場合は野手に切り替える可能性も捨てきれません

昨年のドラフトで 根尾昂(現・中日ドラゴンズ)選手を指名したように現場は

「ショートで攻守の要となれるようなタイプ」(坂本勇人選手のようなタイプ)

を欲しがっているのでは無いでしょうか?

2010年のドラフト会議の時のように

即戦力投手を抽選で外した場合、内野手のリーダーになり得る存在を取りに行く可能性もあります。

昨年は根尾選手の抽選を外して清水投手を獲得しましたが、その逆のパターンですね

そうなると指名の可能性がある選手としては

森 敬斗 (桐蔭学園) 選手

紅林 弘太郎(駿河総合)選手

辺りがドラフト外れ1位の候補に入ってくるのでは無いかと思います。

花咲徳栄の韮澤選手、八戸学園光星等を下位で指名する可能性はありますが、

結論:私のドラフト外れ1位予想は 森 敬斗・紅林 弘太郎選手

余談ですが、これは私の願望みたいな物も半分ほど混じっています。

普通に考えると抽選で外れても時間のかかる高校生内野手を取りに行く余裕は無いんですよね。

ヤクルトが今低迷している原因は外れ1位で下手に即戦力投手を狙いに行った結果だと思っています

少しさかのぼりますが、2009年には中澤投手・2012年には石山投手(これは文句なし・会心の指名です)

2013年には杉浦投手 (現日ハム) 2014年には竹下投手・2015年には原樹理投手・2018年には清水投手を指名しています。

過去10年で6もの外れ1位で即戦力投手を指名しながら、一流と呼べるまで育ったのは石山投手だけなんですよね。

原投手・清水投手はまだまだ若いのでこれから一流の投手に育つ可能性がありますが、中澤投手・竹下投手はすでに引退。杉浦投手は日ハムにトレード

はっきり言って失敗してます。ヤクルトは外れ1位の投手獲得が下手なんですよね。それならばもう野手指名に切り替えてほしいなと思います。

過去10年間のヤクルトの外れ1位指名の野手というと

2010年の山田哲人選手・2011年の川上竜平選手・2017年の村上宗隆選手

の3人です。川上竜平選手は引退してしまいましたが、山田選手は言うまでもなくスーパースター

村上選手は高卒2年目でチームトップのホームラン数 36本を誇っている強打者です。未来の4番候補になり得る存在でしょう。

3人指名して2人が大成功を収めていますので、ヤクルトの野手の素材をモノにする能力は球界でも屈指です。だからこそ私はヤクルトに野手を指名してほしいなぁ~・・・。と願っております。

追記:2019年 ヤクルトのドラフト1位は奥川投手でした!